TOP


SDGs SDGsとは

「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までの国際社会共通の目標です。 貧困・飢餓の解決、すべての人に教育を提供する、気候変動への対策など、持続可能な世界に変えるために必要な17のゴール(目標)と、それらをより具体的に示した169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国も含めて全ての国が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本でも政府だけでなく、企業も積極的な取り組みをおこなっています。

SDGsとは
豊島梱包のSDGsへの取り組み

環境への取り組み
・速度の抑制、急発進や急ブレーキ、急ハンドル等の急の付く運転禁止の指導、タイヤの空気圧など点検整備を徹底して行いCO2を削減
・保有車両のトレーラー化により総走行距離を削減
・フェリー便を活用した物資の運搬
・ペーパーレス化の推進
・廃タイヤなどのリサイクル、再生タイヤ・再生パレットなどを導入
・EMC(デジタコ)の導入。環境負荷の少ない運転やアイドリングストップの実施などを指導。

安全への取り組み
・日々の研修や年1度の安全大会を通じ、安全意識を向上。防衛運転徹底の指導を行い、交通事故0を目指しています。
・交通ルール遵守、安全運転の継続に関する書面へのサインの実施
・定期的な健康診断の実施
・時間短縮(ドライバーの負担軽減)のため荷主とテスト運行を実施
・事務職のテレワーク導入による感染症対策
・会社の敷地内に仮眠設備を完備

雇用への取り組み
・免許取得の先の費用を一部負担
・男性社員も対象となる育児休暇あり
・保有車両のトレーラー化により長時間労働の削減をしています
・燃料サーチャージなど適正な料金の収受
・性別や年齢関係が関係ないフラットな採用基準・評価制度

その他の取り組み
・災害などの緊急時の際、緊急物資や食料などの輸送に協力をする(トラック協会の書面に同意)
・事務所、保有車両に食料・飲み水・簡易トイレなどの備蓄を行う
・洗車の際に節水をする
・トレーラーによる中継輸送・共同輸送を推進
・健康診断、再生タイヤなどに関するトラック協会の助成制度を活用。
・荷主と協力しドライバーへの負荷削減、より効率的な配送の実現などを目的とし、配送体制の見直しを実施。

Copyright (C) 2014 toyoshimakonpou. All Rights Reserved.